一戸建て住宅の空き巣犯人の侵入経路と防犯対策

一戸建て住宅の空き巣犯人の侵入経路と防犯対策

一戸建て住宅の空き巣犯人の侵入経路と防犯対策

一戸建て住宅の場合、玄関からの侵入よりも、縁側やトイレ、浴室など、 表通りから死角になった窓や勝手口を破って空き巣に侵入される例がほとんどです。

 

家の周囲が木や塀などで囲まれている場合、 または、お隣同士の家と家とが離れている場合、 多少音を立てても周りが気付きにくく、泥棒にとっては、じっくり時間をかけて、 窓や扉を破壊する余裕も出てきます。

 

一戸建ての場合は、高価な玄関鍵に交換するよりも、 表から見えにくい窓や勝手口を、防犯センサーなどで守っていくことからスタートされる事をおすすめします。

 

 

よく見かける一戸建て住宅の勝手口の扉。
ドアノブの上のガラス面を三角にハンマーや石で割り、 手を突っ込んで鍵を開けられる手口
ドアノブの上のガラス面を三角にハンマーや石で割り、 手を突っ込んで鍵を開けられる手口が多いです。
防犯フイルムを貼っても、 ガラス面の隅の方を三角形に割られると、 フイルムとガラスが一緒にめくれ上がってきます。

 

住宅用玄関引き戸。鍵の横の細いガラス面を割られて、 手を差し込んで鍵を開けられる被害が多い
よく見かける住宅用玄関引き戸。鍵の横の細いガラス面を割られて、 手を差し込んで鍵を開けられる被害が多いです。
ガラス面は波立っているので防犯フイルムも貼れません。

 

表通りから死角になる扉や窓、 また、塀や立木、空調機、物置などが2階への足掛かりになるようでしたら、2階部分のその周辺の窓や扉、ベランダなども要注意です。

 

高価な鍵に交換するだけでは、空き巣犯の侵入を防ぎきれません。防犯アラームやホームセキュリティなどの防犯グッズも一緒にに検討される事をおすすめします。

 

 

建物と建物の間の隙間。
表通りからほぼ死角になります。 もし周囲に民家が無いと、 昼間でも多少音を立ててガラスを割っても発見がしにくくなります。トイレや浴室の窓も表通りから見えにくい場所に多いので、 注意が必要です。
建物と建物の間の隙間

 

窓ガラスをを割って、手を差し込んで鍵をあけ侵入する際に、 ガラスが割られやすい位置。
窓ガラスをを割って、手を差し込んで鍵をあけ侵入する際にガラスが割られやすい位置

 

 

 

トップへ戻る