雷神用無線式モード切替リモコン

雷神モード切替リモコン

 

コントローラーの警戒モード解除モードの切替を行う無線リモコンです。
コントローラーとの電波の通信可能距離  10〜15m
ボタンを押すと赤いランプが光り、電波の送信を確認できます。
電源:ボタン電池(CR2032)
ボタン電池の寿命:1日2回送信で約1年間です。

 

 

リモコン操作は簡単です。
事務所の場合、退出の際はしっかりと戸締まりをした後、玄関を出たところでリモコンによりコントローラーを警報モードにします。
警戒を解除する場合は、朝、最初に出社された方は入場する前に玄関でリモコンで解除モードにします。

 

オンボタンとオフボタンが分かれています。
サイズ 75ミリ×35ミリ×12ミリ(厚)
重さ 約20グラム
色 ホワイト

 

 

雷神用無線式モード切替リモコンの電池ボックス
雷神用無線式モード切替リモコンの電池ボックス

 

リモコン操作する位置とコントローラーの位置関係

リモコン操作をしたときは雷神コントローラーから確認音が鳴ります。

 

警戒モードにしたときはピピッ、
解除モードしたときはププッと、
それぞれ異なる音ですからモード切替の状態が分かり易くなりました。

 

 

リモコン操作による警戒モードと解除モードの切り替え方法

 

玄関扉に開閉センサーを付けた場合、 玄関の外でリモコン操作を行って家の中のコントローラーから発する音でモードを確認します。
そのためコントローラーは玄関の内側もしくは通用口付近に設置することが多くなります。

 

 

リモコン、防犯センサーは全て無線式。用途に応じて簡単に追加できます。建物の構造やニーズに合ったオリジナルのセキュリティプランを作ることができます。

 

 

雷神ホームセキュリティのお問い合わせはこちらからどうぞ。

 




雷神ワイヤレス防犯セキュリティシステムのショッピングカート。機器の価格はこちらをご覧ください。

リモコンについての質問

質問 これまでリモコン操作でOKだったところからではスイッチONとならなくなり、コントローラーに近いところに移動し操作したところONとなりました。
どうしてでしょうか?
近くで行うとコントローラーが反応するとの事ですので、やはりコントローラーとリモコンの間の電波に強さ(通信環境)に関する現象だと思います。 まず一番考えられますのは、リモコンの電池が弱っているとこが考えられます。リモコンは、ボタンを押したときに赤色LEDランプが点滅していても、電池が弱まってくると電波がじょじょに弱まってきます。 リモコンを使う頻度が少ない場合でも、2年に1度程度は定期的に電池を交換していただければと存じます。

 

 

質問 他の無線機器とリモコンの電波と干渉することはないでしょうか?
リモコンの電波を受けて他の家電製品など機械が勝手に反応してしまう、という事例は無いと思います。逆に、コントローラーやリモコン操作をする位置のすぐ傍に大型の機械(テレビ、冷蔵庫、無線LANルーターなど)があると、他の機械から発せられる電磁波などの干渉を受けて、リモコンの電波がコントローラーまで届きにくくなるという現象の発生は考えられます。
本製品と周波数帯が異なる電波を使った製品でも、機器の設置位置は数m距離をあけて設置される事をおすすめします。

 

 

質問 コントローラーから突然のリモコン操作音がなることがあります。不具合でしょうか?
ポケットのや財布の中に入っているリモコンのボタンが自然に押されている事はございませんでしょうか?衣服のポケットや財布、バッグの中で圧迫されてボタンが自然に押し込まれて電波が発信されているのかもしれませんので
ご確認をお願いできればと存じます。

 

 

質問 BBeeホームセキュリティ用のオンオフ操作リモコン1個を購入したいです。
雷神ホームセキュリティはBBeeホームセキュリティと別商品ですが、一部の機種のBBeeホームセキュリティとリモコンの互換性がございます。雷神のモード切り替えリモコンを現在利用中ののBBeeホームセキュリティ警報機に登録してご利用いただくこともできます。リモコン単品でのご注文を承ります。ご利用中のBBee警報機のタイプを明示の上、個別にご相談ください。

 

質問リンク

トップへ戻る