マンション、アパートの空き巣犯人の侵入経路

マンション、アパートの空き巣犯人の侵入経路

マンション、アパートの空き巣犯人の侵入経路

外から出入りできる開口部の少ないマンションやアパートはまず玄関鍵の交換を考えられる方が多いですが、
近年、低層階だけでなく高層階の部屋でも、 ベランダ伝いで空き巣に入られる事例が増えています。

 

高層階でも、非常階段から簡単にベランダに飛び移れるマンションも多いです。
また、同じ階のどこかの部屋が、玄関から空き巣に入り込まれると、その後はベランダ伝いに同じ階のお部屋全てが空き巣被害に入られる事も多いです。

 

マンション、アパートの空き巣犯人の侵入経路

 

マンション、アパートの空き巣犯人の侵入経路

 

 

マンション、アパートは、高価な鍵に交換するだけでは、空き巣犯の侵入を防ぎきれません。防犯アラームやホームセキュリティなどの防犯グッズも一緒にに検討される事をおすすめします。

 

 

建物と建物の間の隙間。
表通りからほぼ死角になります。 もし周囲に民家が無いと、 昼間でも多少音を立ててガラスを割っても発見がしにくくなります。トイレや浴室の窓も表通りから見えにくい場所に多いので、 注意が必要です。
建物と建物の間の隙間

 

窓ガラスをを割って、手を差し込んで鍵をあけ侵入する際に、 ガラスが割られやすい位置。
窓ガラスをを割って、手を差し込んで鍵をあけ侵入する際にガラスが割られやすい位置

 

 

ベランダも狙われやすい場所です。バルコニーの中でじゃがむと外側から見えなくなり死角になります。ベランダ伝いや廊下などの共用部からの侵入も注意が必要です。

在宅中での防犯センサーをご利用いただけます。

夜間無人になる事務所や工場などと住宅が決定的に違うのは、 そこに人が住んでいるということです。就寝中の防犯対策として 防犯センサーを警戒モードにしたまま、お休みになることができる商品をおすすめします。

 

事業所などでよく使われる赤外線センサーは、夜間警戒モードにするとどうしても家人の方もセンサーに引っかかる確率が多くなります。
そのために、セキュリティシステム全体の使い勝手が悪くなってしまいますので、開閉センサー(ドアセンサー、マグネットセンサー)をメインに、プランをご検討される事をおすすめいたします。

 

不在時に空き巣に遭わないようにするのは当然ですが一番大切なのは命です。就寝後に襲われるなどの危険を想定しながら、まず人身に危険が及ばないようにするのを最優先にプランを検討しましょう。

 

 

在宅中の防犯対策にもご利用いただけます。

 

在宅中の防犯対策にもご利用いただけます

 

一人暮らしの女性の在宅時や就寝中の空き巣、痴漢、不審者の防犯対策に。

 

少し窓の隙間を空けた状態で警戒モードにする事ができます。

 

在宅中の無線式開閉センサーの利用方法の例。両開き窓の場合。一人暮らしの女性の在宅時や就寝中の空き巣、ストーカー、痴漢、不審者の防犯対策に。

 

就寝中の空き巣、ストーカー、痴漢、不審者の防犯対策

 

センサー本体は窓の交差する部分に1個取り付けます。
磁石は、
1.窓を締め切ったときにセンサーに接触する位置、
2.窓を数センチ半開きにしたときに接触する位置、
の2箇所に両面テープで貼り付けます。

 

窓を閉め切った状態と、少し隙間を作った状態の2箇所で防犯センサーを警戒モードにする事ができます。
在宅中の防犯対策にも防犯センサーをご利用いただけます。痴漢やストーカー対策に。
在宅中の防犯対策にも防犯センサーをご利用いただけます。痴漢やストーカー対策に。

 

雷神コントローラーが警戒モード中、窓の状態が締め切った状態から開かれた状態に移行したとき、もしくは、数センチ隙間の開いた状態からさらに隙間が広がった時にコントローラーは警報音を発します。

トップへ戻る